雨男が自転車で日本縦断@京都〜稚内(北海道)

雨男の大学生が夏休みを使って、京都〜稚内(北海道)を縦断する日々を記録した日記です。映像を残しながら縦断します。

【9日目】雨男が自転車で日本縦断@福島〜仙台

こんばんは、雨野ユータです。


昨日あのあと、松尾芭蕉ゆかりの地は歩くには少し遠かったので、近場にあった「奥の細道自然歩道岩谷観音」に行ってきました。
国道4号線からすぐのところにあるんだけど、あそこだけなんだか独立してるみたいで不思議な場所だったなあ。



そこの階段からの景色も綺麗でした。結構急な階段なので視界がクリアだった。
お墓があったので写真はないです。


そこで音楽を聴きながら、階段に座ってぼんやりとしてました。
聞いてた音楽は「nano.RIPE」。最近聴いてなかったけど、知らない土地でこのバンドの音楽を聴くと「旅に来た!」って感じになるから好き。おすすめ。


そのあとはダラダラとネットカフェで漫画を読んでました。


そんな昨日を経て、9日目スタートです。


8/24 6:43 福島出発


ボードが汚い。もっと綺麗にしよう…


今回は体が軽い。やっぱり休暇を作るのって大事なんだなって改めて実感。


早速、峠に入ります。セコセコ登る。


今日は、交通量も今までより少ないので車道を走りました。
かなりスムーズに進みます。
歩道は段差がしんどいからね。



福島は路肩が比較的広いので走りやすい。


8:01 宮城突入


宮城に入った途端、路肩が急激に狭くなり、地面がガタガタに。
怖かった…。


コンビニでアイスを食べながら休憩。ペース的にはかなり順調。
ただ雲行きがあやしい。不安になる。ちなみに今日の天気予報は曇り。


早く仙台に向かおう。



11:30 仙台市突入

ここら辺は普通なんだけどしばらくすると

こんな感じに道が一気に広くなった。


仙台を一言で表すと綺麗な町だなって思った。


道も広いし、マンションも新しくてお洒落だし、建物の高さがだいたい一緒で高すぎないけど低すぎない。それでいて間隔に余裕があるのでなんか心に余裕がある感じがあった。
(個人的なイメージとしては京都の二条から京都市役所前までの道を広くゆったりした感じ。伝わるかな…)


東北の中心地なだけはあるなと思った。とても住みやすそうな町。


時折、ママ友同士のの笑い声が聞こえたりした。




この綺麗なマンションには仕事のできる優秀で爽やかなお父さんが、専業主婦の綺麗なお母さんと小さな可愛い子供と3人で住んでて、「ただいま」とか「おかえり」とか普通の人が憧れるような、すこし贅沢な当たり前の生活をしている人がいるのかな。


なんてボンヤリ考えながら通り過ぎた。(一人で漕いでる時間が多いので、普段はあんまりできない考える時間が結構あるんです。この旅の中で良い物語が生まれないかなあ。)



そんなこんなしてるうちにゴールが近づいてくる。




と思ったら、が降ってくる。



嫌な予感的中



雨雲レーダーを見てみると夕方まで止まなそう。なんで降るかな。


不幸中の幸い、もうゴールまで数キロ。急いで進みます。



12:24 仙台到着


なかなか良いペースで来れた1日でした。
休暇大事。


大きい荷物を載せていたからなのか、駐輪場のおじさんが親切にも広いスペースを空けてくれ、自転車を置かせてくれた。ありがたい。


そのあと、今日の泊まる宿にチェックイン。
日帰り温泉とカプセルホテルが併設しているところなので温泉が気持ちよかった。


ダラダラと過ごしたあと夕食を食べに外へ。


仙台といったら牛タン!


牛タンで有名なお店「利休」に行って来ました。


定食を注文。なかなかに良いお値段。


焼肉屋の薄いタンしか食べたことがなかったので牛タンの味に感動しました。


とっても美味しかったです。仙台来たら牛タン食べるべきです。




そんなこんなで9日目が終了しました。


明日は松島観光をして石巻市へ向かいたいと思います。


しばらく宮城に滞在かな。


よろしくお願いします。