雨男が自転車で日本縦断@京都〜稚内(北海道)

雨男の大学生が夏休みを使って、京都〜稚内(北海道)を縦断する日々を記録した日記です。映像を残しながら縦断します。

【13日目】雨男が自転車で日本縦断@花巻〜三戸

こんにちは、雨野ユータです。


13日目ですね。


今日は盛岡観光をして、道の駅石神の丘まで行く予定。
ゆっくりできる。
わんこそば食べたいなあなんて考えていました。


そこの道の駅も24時間休憩所が空いているので今日は快適な一日になりそう。


それでは、早速今週の天気予報を見てみましょう。



ひたすらに雨




もうここまでいくと笑ってしまう。自分は雨男だという自覚はあったがこの旅を通してそのヤバさを痛感しています。


とりあえず、明日から雨が続く。そうすると動けなくなる。
明日の夜には八戸に着いてフェリーで苫小牧に行く予定だった。


苫小牧の天気を確認。
明日を除いて晴れ。


これは何が何でも距離を稼ぐしかない。


予定変更


ここから120km先の道の駅へ向かうことにします。


そうすれば明日は30kmで港へ行ける。
午前中についてその日の夜にフェリーで本州から脱出しよう。
八戸はちょっとした町なので時間を潰すこともできる。


よし!そうしよう!


ということで急いで出発の準備。


予定変更したことで、国道4号最高地点に行かないとけない。つまり峠を越えないといけないのだ。
ダラダラしている時間はない。


8/28 7:02 道の駅石鳥谷を出発


お兄さんとは逆方向なのでこれでお別れ。

日本一周達成応援しています!

またどこかで会いたいです


昨日よりスタートが遅いのに昨日と同じ距離を走らないといけない。
大丈夫だろうか。


天気もどんより


ゾロ目


ひたすら走りました。
人との出会いなんて当然ない。


盛岡も全力でスルー。


わんこそば挑戦楽しみにしてたのになあ…


11:05 道の駅石神の丘へ到着

本当は今日泊まるはずだった道の駅で休憩。


めちゃくちゃ広いし綺麗。確かにこれはすごい。


ここに泊まりたかった…


山ぶどうフロート美味しかった。


一人なので入っては撮れない。



20分ほどの滞在。すぐに次へと進みます。


登り下りが続く。しんどい。


しかし、峠はこんなものじゃない。この程度で弱音を吐いてたら登れるものも登れないぞ!



と気合を入れ直した瞬間


着いてしまった。


思わず拍子抜け。


箱根のようなしんどさを想像していた。


ここより高いところはもう存在しない。
あとは余裕だな。


と思った。




むしろここからがしんどかった




まず、足場が悪い。



めちゃくちゃタなのだ。



その上、路肩は狭く、一車線で交通量が多い。


ひたすら下り。


少しバランスを崩しただけで間違いなく死ぬ
よくて大怪我


一瞬も油断できない。


本当に生きた心地がしなかった。


やばいやばいやばいやばい死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ


って叫びながら下ってた。


あの道は二度と通りたくない。


トンネルもひどかった。
ずっと怖かった。


唯一良かった点。


横を流れる川が圧巻だった。
写真だと伝わらないけど、なんでも飲み込むような迫力があった。
路肩悪くてあんまり見れなかったし、本当にすごいところは止まって写真撮れなかったけど…


この突き出た岩も見たときは感動した。
写真で見るとそうでもないな…



金田一温泉


事件の匂いがプンプンしますね。


15:08 青森県突入

目的地まで20kmを切りました。


しかし遠い


路肩も悪く、アップダウンも激しい。
ついに登りの激しいところでは歩いてしまう。


東北険しいなあ…


そしてようやく


16:11 道の駅さんのへ到着


疲れた…


お店の人に寝泊まりの許可を取る。奥の人目のつかないところならオッケーしてもらえた。
迷惑な客ですいません…


そこで天ぷらそばを食べた。


お店が閉まる時間までベンチでひたすらぼーっとしていた。


お店が閉まり、出てきた店員さんから


寒いから気をつけて


と桃をいただいた。
この日、初めて人の優しさに触れた。ありがとうございます。


水で洗い皮をむきそのまま食べる。美味しかった。
初めて桃を丸かじりしたなあ。


昨日もらったみかんもひとつ食べました。


ゴミはちゃんと片付けましたよ!



総走行距離:1274km


ただただ疲れた一日。


だんだん野宿に慣れてきちゃったなあと実感。




ありがとうございました。