雨男が自転車で日本縦断@京都〜稚内(北海道)

雨男の大学生が夏休みを使って、京都〜稚内(北海道)を縦断する日々を記録した日記です。映像を残しながら縦断します。

【20日目】雨男が自転車で日本縦断@天塩〜稚内


こんばんは、雨野ユータです。


とうとう今日で20日目です。


明日にはこの旅も終了。


寂しいような早く帰りたいような…



9/4 5:58 天塩を出発

昨日知り合ったチャリダーさんは一足早く出発していました。
今日で宗谷岬まで一気に行ってしまうそう。


遠くに利尻島が見える。


本当は中から行く予定だったが、昨日オガワさんと話していた道道106号線へ。
コンビニはないそうなので、昨日補充しておいたから多分大丈夫。


風車が回る道を優雅に走る。

風が横風なので少し疲れる。


朝ごはんを食べていないことに気づく。
ちょうど休憩場所を発見したの休憩。


利尻島を眺めながらまったり。


休憩を終え、再び走り始める。


こんなところにシェルターが。


シェルターを抜けると電線もガードレールも存在しない一本道が。


圧巻でした。


車が通っていないときを見計らってパシャり。



7:29 豊富町に突入



めちゃくちゃ走りやすい。



めちゃくちゃ気持ちいい。
今まで頑張ってきた自分へのご褒美のように思えた。


直線の道の先は見えなくて空と海につながっているように感じた。


このまま進んだら世界の果てにつくのかな


もう死んでるのかな


とかそんな気持ちになった。
しばらくして車が通り、現実だと実感。



8:47 稚内市に突入

つに最後の街へ


この国立公園が天塩からずっと続いている。広い。


ここでちょいと休憩。


二階から見た景色。


宗谷岬まで47km。今日行けてしまう。
でも明日することがなくなるので今日は我慢。


少しアップダウンが出始める。いい気分転換。


稚内市内とノシャップ岬への分かれ道。時間があるのでノシャップ岬の方へ。



10:59 ノシャップ岬に到着


ここがゴールって言われても違和感ない。


ベンチに座りながらGalileo Galilei の「稚内」を聴く。
稚内に着いたらこれがやりたかった。



そのあとは近くに日本最北の水族館があったので行ってみることに。


科学館と併設しており、ちょうどプラネタリウムの時間だったのでそっちに先に行くことにした。


開園と同時に爆睡してしまい、気づいたらほぼ終盤。
RADWIMPSの「なんでもないや」が流れていた。


思ったより疲れてるんだなあ…


ペンギンいた。


普通の公園に鹿がいた。


12:50 稚内駅に到着



総走行距離:1727km


そのあとは佐川急便へ行って、宅配の手配の確認をしたり、帰りのチケットを予約したり、コインランドリーで洗濯をしたりした。旅の後の準備です。
フェリーは太平洋と日本海どっち使うか迷い中。


太平洋だと実家がある名古屋まで丸々二日かかる。
日本海だと一日でつくけど、終電に間に合わないので舞鶴で一泊しないと行けない。


うーん、どっちがいいんだろう…


そのあとは今晩泊まるライダーハウス「みどり湯」へ。


銭湯と併設しているので、銭湯へ。
地元の人の方言がすごかった。


お湯に浸かり、コーヒー牛乳を飲み、まったりしたところで宿へ戻る。


そこでオガワさんに会った。
宗谷岬の話は行ってのお楽しみと言われた。


このあとは、オガワさんとご飯を食べに行く予定。
ここのライダーハウスは宴会をする習慣があるらしく少し楽しみ。


今日はこれでおしまい。


明日で自転車に乗るのは最後ですが、気を緩めないように頑張りたいと思います。


ありがとうございました。