雨男が自転車で日本縦断@京都〜稚内(北海道)

雨男の大学生が夏休みを使って、京都〜稚内(北海道)を縦断する日々を記録した日記です。映像を残しながら縦断します。

【17日目】雨男が自転車で日本縦断@岩見沢〜留萌

こんばんは、雨野ユータです。


今日で北海道生活も3日目ですね。


帰りですが、自転車を輸送することに決めました。
輸送の日が7日なので6日にはこの旅を終わらせないといけない。
天気悪いけど大丈夫かな…



今日は5時に起床。
100km近くある道のりなので早起き。

とてもいいライダーハウスでした。
挨拶しようと思ったけど、まだお店が開いてなかったのでメッセージだけ書いておいて出発します。



9/1 6:07 岩見沢を出発

今日からセプテンバーさんですね。


最初は滝川に向けて国道12号を北上。

ただただ漕ぐ。


この先、29.2km直線が続くらしい。


広いな北海道。
進んでいる実感がない。


留萌に向かうため、国道12号に別れを告げる。

走りやすい。


しかし、


本当に進んでいる実感がない!

時間の流れが遅く感じる。
これが精神的にきつかった…


変わった神社を見つけた。
中には入らなかったけど


さすがにしんどくなってきたので、休憩したい。
景色が変わらず、頭がおかしくなりそうだった。


1km先、道の駅


という看板を見つけたので急ぐ。



10:29 道の駅「田園の里うりゅう」に到着

とても綺麗な道の駅。


雨竜米アイスというこの土地限定のアイスがあったので購入。
アイスの中に米が入っている。独特の食感。
美味しかった。


休憩を済ませ、少し体力と精神面が回復。
切り替えて出発。


しばらくすると、自転車を乗った男二人組みが前方に見えた。
一人はロードバイクにキャリアをつけている普通のチャリダー。
そしてもう一人はママチャリで走っていた。
組み合わせが変わっているなと思った。


追いついたので話しかけると、二人はどうやら東京から来たらしい。
茨城まで自転車で行ってそこから苫小牧までフェリーできたという。


やっぱりいろんなところから来てるなあ…


しばらく並走して話す。
帰りはどうするの?とかそんな話をした。
目的地もどうやら同じで留萌らしい。


一緒に行こうか迷ったけど、二人の時間を邪魔したら悪いと思い先に行くことにした。
目的地が一緒ならまた会えるといいな。


そのあとはひまわり畑のある道へ。
残念ながら、ひまわりはほとんど枯れていた。
来る季節が悪かった。


通り道の学校でチャイムの音が聞こえた。


そうか、もう夏が終わったんだ…


この時、改めて実感した。


少し景色が変わる。


車通りが少ない。この写真、旅をしている感じがしていい感じ。


それにしても北海道のバス停は立派な家ですね。
寝床に困ったらここで寝れそう。


ここから日本海側へ向かうため、峠を越える。


12:22 留萌市突入

あともう少し。


の前に一休み。


いつもあと少しからがすごい長く感じます。



14:46 留萌駅に到着


総走行距離:1523km


ライダーハウスの受付が16:30からなので、駅の待合室で明日の予定を立てたりブログを整理したりする。




そのあと、ライダーハウスの「みつばちハウス留萌」


そこで、3人の人と仲良くなりました。


一人は北海道を一周しに、もう一人はロードバイクで宗谷岬へ、もう一人は徒歩で宗谷岬から来た人です。


皆、目的も年齢もバラバラ。


オーナーさんもいい人で色々な旅人の話を聞きました。


一輪車で日本一周した人も来たという。世の中いろんな人がいるなあ。


北海道を一周するお兄さんはアメリカ横断もしたといっていいました。
すごい。


とても刺激になりました。




そのあとは四人で近くの有名なお寿司屋さんへ。


ここのセットが安くて美味しかった。

(食べかけです…すいません)


1時間ぐらい話しながら食べていました。
楽しかったなあ。


そのあと、ライダーハウスに戻り、お兄さんが談話室でさばいたイカをいただきました。


談話室でオーナーを含めた5人で談笑。


色々とためになる話を聞けました。


明日は40km程度の道のり。
今日はゆっくりできそうです。


明日も頑張ります。
(台風こないで…)




ありがとうございました。